株式会社デザインボックス 公共施設・住宅の建築設計事務所

Serviceサービス

1ご相談・ヒアリング

お客様のご要望をお聞かせ下さい。
設計・監理に掛かる費用、設計や工事の期間、
建築物の完成までの仕事の流れなど分からないことが色々あるかと思います。
これまでに設計したプロジェクトの写真やパース・模型などを見て頂きながら
ご説明いたします。
まずはどんな内容でもお気軽にご相談下さい。出来る限り詳しくご説明させて頂きます。

2敷地・環境調査・企画

まずは、予定をされている敷地の状態や周囲の環境を調査します。
敷地には法律によって様々なルールが設けられています。
ご希望の建物を作るための関連法規・規制を調べます。敷地の条件をお調べし、
実際に現地へ出向き、その場所に相応しい提案をさせて頂きます。
敷地測量・地盤調査などの手配も、必要であれば私たちがお手伝いをさせて頂きます。

3ご提案・基本計画

建物のイメージが分かるスケッチやパースなどで一次的なご提案させて頂きます。
そして、次の提案へ向けて、改めてご要望をお伺い致します。
簡易なプレゼンを行い、お客様のイメージを双方で確認し合えた上で、
設計監理の契約を取り交わさせて頂くことになります。

4設計監理契約

設計料に付きましては、建築士事務所協会「建築士事務の業務報酬算定指針」による
設計料算出方法を採用しています。
これは建物の床面積・用途に応じて設計料を算出するものですので、
規模の大小・建物の工事予算に関わらずお気軽にご相談下さい。
設計期間については、お客様の大切な建物を間違いなく作ることが出来るよう、
余裕を持った設計期間を提示させて頂くようにしています。

5基本設計

これまでのお客様の基本イメージをより具体化する設計作業です。
この段階で構造・設備の基本提案を行い、
法規的な事前打ち合わせを各関係部署と行います。
ご提示頂いた工事予算に応じ、
想定される工事費の概算見積りを作成することもございます。
構造・設備の基本設計を詰め、建物の外壁や内部の主な仕上げなどを
お客様と共に検討した上で方針決定していきます。
次の実施設計をスムーズに進めるため、かつ後になって変更が発生し、
実施設計が振り出しに戻ることがないようにするための確認作業で、
とてもマテリアルなものです。

6実施設計

基本設計で行った作業を元に、実施設計図面の作成を開始します。
施工会社は、この実施設計図面、仕様書を元に見積りを行い、
この図書に基づいて建物を作るため、全ての情報が盛り込まれている必要があります。
そのため、意匠図・構造図・設備図、各詳細図、外構図など、
細かい部分まで詰めて作図を行っていきます。
その他、構造計算・省エネルギー計算など専門ソフトを駆使して実施設計を行っていきます。

7確認申請

確認申請や許可申請、条例に合わせ各申請を行います。
許可申請や開発申請、また一定規模以上になると構造計算適合性判定の申請など
特殊な申請が必要になる場合には、申請のための手数料や申請図書作成費などの
別途費用が発生することがございます。

8見積もり・施工会社選定

作成した図面を元に施工会社へ見積り作成依頼を行います。
お客様がご希望する施工会社が特にない場合、数社に見積りを依頼し、
金額・期間・図面の理解度などを総合的に判断し、
お客様へ業者選定のためのアドバイスをさせて頂きます。
施工会社から提出された見積り額がお客様のご予算にそぐわない場合、
設計変更や各種調整を行います。
施工会社が決定した後、工事契約をお客様と施工会社の間で結んで頂きます。

9工事監理・竣工引渡

工事の進行を監理致します。工程の管理に遅れは出ていないか、
安全に的確な現場運営を行っているかチェックします。
建物が出来上がった後、図面の通りに出来ているか、仕上げにミスはないか、
清掃がきちっとなされているか検査を行い、その後お客様に検査をして頂きます。
また、法に基づく完了検査・消防検査などの行政検査も同じ時期に行います。
全ての工事・検査が終わりましたら、お客様にお引き渡しを行います。
カギの受け渡し・設備機器の取り扱い・保証期間など、建物をお使い頂くために必要な
ご説明をさせて頂きます。
また、建物の完成写真の撮影なども、この時期に行います。

10アフターフォロー

建物が完成し、お引き渡し後1年・2年を目処に経年検査を行い
不具合がないか確認をします。
この経年検査に関わらずお気づきの点などございましたら、
いつでも相談下さい。