Q&A

よくある質問とその回答の一覧です。ご質問はお問い合わせのページにても受け付けております。

Q:事前に相談をしたいのですがどうすればよいのでしょうか?

まずはお気軽に電話・メール等でご連絡ください。
施主様の考え方・趣向思考を出来る限り伺い、またデザインボックスの仕事の取組み方等をご説明させて頂きます。
また、事務所にも来て頂き、初めの顔合わせ程度と事務所を見学するぐらいの感覚で来て頂けたらと思います。    
(費用は一切発生しませんのでお気軽にご相談ください)

Q:相談するにあたって何か準備しておく必要がありますか?

計画地の資料をお持ちください。
実現したい思いや、建物づくりを進める上で重要視されている点をお聞かせください。
その他、ご予算・現在のご様子などの質問をさせて頂きます。

Q:正式に依頼する前に、検討のための図面を考えていただけますか?

簡単に話をお伺いした上で、設計依頼を検討いただくためのプレゼンテーションを作成いたします。
(簡単なマスタープランと模型・CG等。2~3週間ほどお時間をいただきます)

Q:建物づくりに対して要望がとても多いのですが。

どんな事でも構いません。どんどん夢を語って下さい。
出来る限りのご要望や諸条件を踏まえ、アイデアを提案させて頂きます。

Q:予算などについての相談はしてもらえるのですか?

ご希望のご予算に合わせられる様努め、ご予算内で最大限の提案を作成させて頂きます。
コストコントロールも踏まえてトータルなコンサルタントをさせて頂きます。

Q:設計事務所の設計した建物は高いイメージがありますが・・・

私達は賢く建築を設計したいと考えます。高い材料を使ってよい建物が出来るといった考え方ではなく、
施主様の夢や諸条件を踏まえてデザイン・機能・コストにおいて満足して頂ける建物を提案したいと考えます。

Q:設計監理の仕事とは具体的にはどういうものなのですか?

設計事務所とは、公正な第三者的(中立)な立場で、特定の施工業者やメーカー等の支配下に入ることなく、
工事金額や工事内容が適正かどうか、近隣・法律・環境や安全性・景環といったあらゆる方面のことを総合的に判断します。
また、施主様や工事担当の方と打合せを重ね建物の精度と品質を維持し、スケジュールや工事予算が守られているか、
設計図通り施工されているか等をチェックします。
業務としては、マスタープラン→基本設計→実施設計・申請業務→工事進歩状況を監理する現場監理へと進んでいきます。

Q:住宅などをハウスメーカー工務店に依頼したり、施工業者に設計施工で依頼する場合などは、
設計監理料が必要無い場合がありますが、設計事務所に依頼する場合はどうして設計監理料が必要でしょうか?

ハウスメーカーや施工業者などでも設計業務担当者がいる以上、人件費・技術費が発生しています。
それ以外にも、宣伝費やモデルハウスの費用、営業マンの人件費などが掛かっています。
それを諸経費や工事項目等に含める形で見積書を作成しているのが実情ですので、
表立って設計監理料が無いように思われます。
ですから、一概に設計事務所に依頼したら余計に費用がかかる訳ではありません。
また、設計事務所は公正な第三者的(中立)な立場ですので、
特定の施工業者やメーカーなどの支配下に入ることなく業務が独立した形態で遂行されます。

Q:工事を担当する施工業者はどうやって決めるのですか?

基本的に数社の建築会社に同じ条件、同じ時期に見積りを依頼して提出してもらい施工業者を決める
合見積りという方法や、競争入札という方法などで決めます。
ご希望の建築会社がある場合はご参加していただくなど、ご予算・構造・規模等総合的に判断して、
施主様の了解を得て決定します。

Q:設計には時間がかかるものなのですか?

早く設計してしまおうと思えばもちろん出来ますが、建物とというのは恐らく一生のうちでかなりの高額な買い物ですし、
数十年も付き合っていくものになります。
また住宅の場合は、その中で人生の大半を過ごす重要な空間になりますので、時間にゆとりを持って
じっくりと検討を重ねられた方が、より満足のゆく建物に繋がっていくと考えています。
状況次第では早く設計を終わらせなければならない場合もありますが、時間をかけていろいろ考え、
納得した上で作った建物には愛着が湧きますし、後悔しそうなことの多くも、ある程度シュミレーションの段階で
クリア出来るので、いろいろな意味で長持ちする建物になると思います。